InterFAX ユーザーズページ

InterFAX送信サービス ユーザーズガイド

プロパティ

18-01-05

通知メールとその他オプション

1.

アカウント管理Webにログイン後、「プロパティ」タブ ->「FAX送信」タブをクリックします。

2.

「通知メールとその他オプション」の設定で、送信結果通知メールの各種設定とその他オプションの設定ができます。

3.

通知メール

送信結果によって、どのような時に通知メールを受け取るかを指定できます。

「常時」: FAX送信の成功および失敗時にメールを送信します。

「成功時」: FAX送信が成功した時にのみメールを送信します。

「失敗時」: FAX送信が失敗した時のみにメールを送信します。

「送付しない」: 通知メールを一切送信しません。
(デフォルトは「常時」です)

※設定後、必ず[更新]ボタンをクリックしてください。

4.

通知メールの種類

通知メールのフォーマットを指定できます。

「テキスト−英語」 : 英語のテキストメールで送信します。

「HTML−日本語」 : 日本語のHTMLメールで送信します。

「HTML−英語」 : 英語のHTMLメールで送信します。

「XML」 : XMLフォーマットで送信します。

「CSV」 : CSVフォーマットで送信します。

「テキスト−日本語(ISO-2022-JP)」 : 日本語のテキストメールで送信します。
(デフォルトは「HTML-日本語」です)

※設定後、必ず[更新]ボタンをクリックしてください。

5.

FAXファイルを通知メールに添付

メールで送信内容を添付で受信するかの設定をします。
「FAXファイルを通知メールに添付」をチェックすると、通知メールに送付したFAXのイメージファイルが添付として送信されます。
但し、設定されたヘッダはこのイメージには付加されません。

※設定後、必ず[更新]ボタンをクリックしてください。

6.

通知メールデフォルト送信先

「通知メールデフォルト送信先:」の欄に通知メールを送信するメールアドレスを指定できます。あわせて「常に通知メールデフォルト送信先を使用:」にチェックをいれることで、上記で指定したメールアドレスに通知メールが届きます。尚、この設定をおこないますと送信メール(送信者)のFrom:やReply To:に設定されたアドレスには、通知メールは送信されません。

注意事項

1)

「通知メールデフォルト送信先」が空白で「常に通知メールデフォルト送信先を使用」がチェックされている場合は通知メールは送信されませんのでご注意ください。また、「通知メールデフォルト送信先」が設定されていても「常に通知メールデフォルト送信先を使用」にチェックがされていない場合は、送信者アドレス(From:)、または、その送信メール内に「Reply-to:」アドレスが存在する場合はそのアドレスへ送信されます。

「常に通知メールデフォルト送信先を使用」がチェックされていない場合で、送信されるメールにFrom:およびReply-to:のアドレスが指定されていない場合は、通知メールが一切送信されなくなります。

2)

「通知メールデフォルト送信先」には複数のメールアドレスを入力することができます。複数指定の場合は、";"(セミコロン)で区切ります。入力できる文字数は半角で128文字までです。

「常に通知メールデフォルト送信先を使用」がチェックされていない場合で、送信されるメールにFrom:およびReply-to:のアドレスが指定されていない場合は、通知メールが一切送信されなくなります。

3)

「通知メールデフォルト送信先」を変更後に、アカウント管理webの送信履歴からFAXの「再送信」をおこないますと、通知メールは変更前のメールアドレスに送付されます。
もし、再送信分の通知メールを新しいデフォルト送信先メールアドレスで受け取りたい場合は、メールの再送信にてご対応ください。

※設定後、必ず[更新]ボタンをクリックしてください。

通知メールについて

1)

通知メールは、送信者アドレス(From:)へ送信されますが、その送信メール内に「Reply-to:」アドレスが存在する場合は、Reply-to:アドレスへ送信されます。その場合、From:アドレスには送信されません。

2)

通知メールの詳細につきましては、「06-01.送信結果通知メール(通常送付の場合)」または「06-02.送信結果通知メール(リスト送付の場合)」をご参照ください。

3)

暗号化された通知メールを受信することができます。
通知メールの暗号化につきましては、「S/MIMEによる暗号化送信および電子署名」をご参照ください。

7.

FAXイメージの削除

FAXイメージをInterFAXのサーバに保存しない設定です。

InterFAX送信サービスでは、送信したFAXのイメージをTIFFファイルで一定期間InterFAXサーバに保管され、送信履歴から内容を確認したり、再送信が簡単におこなえるようになっておりますが、このオプションで「FAXイメージの削除:」ボックスにチェックを入れますと、FAXイメージをInterFAXサーバに保持しない選択ができます。

注意事項

1)

「FAXイメージの削除:」がチェックされた状態では、FAXイメージはInterFAXサーバに保管されませんので、送信履歴ページの「(確認)」でイメージを表示したり、送信履歴ページの「(再送信)」から再送信をおこなうことができません。

※設定後、必ず[更新]ボタンをクリックしてください。

8.

メール本文を常にFAXする

InterFAX送信サービスの初期設定では、メール送信時に添付ファイルがありますと、その添付ファイルの内容のみをFAX送信いたします。
メールのサブジェクト(件名)にオプション指定で" /b"を付けた場合に、メール本文と添付ファイルの両方をFAX送信することができますが、このオプション「メール本文を常にFAXする」でボックスにチェックを入れますと、サブジェクト" /b"をつけなくとも、常に「メール本文+添付ファイル」をFAXすることができるようになります。

※設定後、必ず[更新]ボタンをクリックしてください。

ユーザIDをお忘れの方
InterFAX公式サイト
会員規約

お問い合わせ

株式会社 ドゥイット
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-4-6
フォーシーズンビル アネックス 5F

TEL
03-5367-3777
FAX
03-4477-2288
E-mail
info@interfax.jp

弊社営業時間
月曜日〜金曜日 9:30〜18:00
(休業日: 土日祝日および弊社休日)

ドゥイットTop
株式会社 ドゥイット