InterFAX ユーザーズページ

InterFAX送信サービス ユーザーズガイド

FAX履歴

17-03

送信履歴の検索

送信履歴の検索では、送信履歴の条件設定をおこなうことで必要な履歴情報を抽出して、画面表示またはCSVファイル等で取得することができます。

1.

ログイン後、「FAX履歴」タブを選択します。

2.

「送信履歴の検索」をクリックします。

3.

履歴の検索をおこなうための条件設定画面が表示されます。

送信履歴の検索

上記画面より、件名(Subject)、送信先FAX番号、送信日、FAXステータス、リプライアドレスに条件を設定することで、条件に一致した履歴データのみを抽出できます。

件名

メール送信時の件名(Subject)の全部、または一部の文字列で検索できます。

FAX番号

送信先のFAX番号で検索できます。
番号指定は、例えば03-6368-4300宛の場合、0081363684300 となります。この全部、または一部の文字列でトランザクションを検索できます。
指定文字列には、"-"(ハイフン)等は入れられません。

期間指定

期間にチェックしますと、日付を指定して検索できます。(前月分まで)
※日付指定は、年/月/日をそれぞれのボックスに分けて指定します。

以降にチェックしますと、n時間前・n日前・n週間前・nヶ月前という期間指定で検索できます。

期間を使用しないチェックしますと、前月分までの全ての履歴データが検索対象となります。

FAXステータス

送信のステータスで検索できます。「全て」「OK」「エラー」「処理中」「保留中」の各ステータスが選択できます。

「全て」:全てのステータスのデータが検索対象になります。

「OK」:送信が成功したデータのみを検索します。

「エラー」:送信が失敗したデータのみを検索します。

「処理中」:初期設定中・送信準備完了・送信中のデータのみ検索します。

「保留中」:「与信限度額」に達して送信が保留中のデータを検索します。

「与信限度額」につきましては「アカウント設定およびアカウント管理(与信限度額について)」をご参照ください。

リプライアドレス

送信者のReply-to:アドレスで検索できます。通常はFrom:と同じアドレス設定です。

件/ページ

検索結果を画面表示する際に、1ページあたりの表示件数を指定できます。(最大100件まで)

エクスポート

ここをチェックすると、検索結果は画面表示ではなく、CSVファイルやXMLファイルでお客様のパソコン等に保存することができます。(下記「5)」参照)

リスト内非表示

エクスポートをおこなわず、検索結果を画面表示する場合、このチェックがない状態で検索しますと、リスト送信など(ブロードキャスト送信)があった場合には、リスト内全ての個別履歴情報が表示されます。
もし、大量送信先のリスト送信があった場合、ここにチェックして検索しますと、検索結果は集計表示のみになり、リスト内の個別履歴情報は表示されません。
検索用途に応じて選択してください。

【例】 2010年1月1日から1月31日の間に送信した履歴を抽出する場合。

期間指定ですので、「期間」をオンにし、右の各ボックスに年-月-日を指定します。条件設定が終わりましたら、画面左下の「検索」ボタンをクリックします。

上記例の結果は次のようになります。

ステータスなどのアイコン凡例につきましては、「送信履歴の確認(通常送付の場合)」をご参照ください。

4.

履歴をCSVファイルやXMLファイルで取得する場合は、「エクスポート」をクリックしてから「CSV」または「XML」を選択して「検索」ボタンをクリックします。

(4-1) CSVへのエクスポート

上記は、2010年1月1日〜2010年1月31日の期間で、CSVファイルとして取得する場合の例です。

CSVファイルは.csvという拡張子を持つテキストファイルでフォーマットは次の通りです。

(CSVファイルをNotepad(メモ帳)で開いたときの表示)

(CSVファイルをExcelで開いたときの表示)

1行目は項目名です。各項目の説明は下記の通りです。

TransactionID トランザクションID(送信毎に固有の番号をInterFAXシステムが自動的に割り振ります)
DestinationFax 送信先FAX番号。国番号から記録されます。
Status 送信のステータスで成功時は"0"、失敗時にはエラーコードとなります。
PagesSent 送信枚数
Duration 送信時間
SubmitTime 処理開始日時
CompletionTime 処理終了日時
RemoteCSID 送信先FAXのCSIDです。(注)
Subject 送信時の件名です。
ReplyEmail 送信者のメールアドレス(Reply-to:がデフォルト、Reply-to:が存在しないメールの場合は、From;となります。)
Total この送信に対する送信料金(税別)

注)

CSIDとは、FAXマシン等に設定するIDです。例えば、FAXマシンに自局番号を設定した場合は、その番号がCSIDとなります。相手先のFAXマシンにCSIDが設定されていれば、ここにそのIDが表示されます。

(4-2) XMLへのエクスポート

上記は、2010年1月1日〜2010年1月31日の期間で、XMLファイルとして取得する場合の例です。

XMLファイルは.xmlという拡張子を持つ、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つです。Internet Explorerで開いたり、Excelで閲覧編集ができます。Excelで表示すると、下図のようになります。

1行目は項目名です。主な項目の説明は下記の通りです。

ParentTransactionID 親トランザクションID(リスト送信などのブロードキャスト送信時の代表トランザクションID)
TransactionID トランザクションID(送信毎に固有の番号をInterFAXシステムが自動的に割り振ります)
SubmitTime 処理開始日時 ※GMT表示
PostponeTime 送信開始予約日時(送信時の「/d」オプションで予約された送信開始日時)※GMT表示
CompletionTime 処理終了日時 ※GMT表示
UserID ユーザID(お客様のInterFAXアカウントのIDです)
Contact 担当者名(メール送信時の宛先(TO:やCC:)に指定されたディスプレイネーム、またはリスト送信の担当者名)
JobID (* システム内部使用のみ*)
DestinationFax 送信先FAX番号(国番号から記録されます)
ReplyEmail 送信者のメールアドレス(Reply-to:がデフォルト、Reply-to:が存在しないメールの場合は、From;となります)
RemoteCSID 送信先FAX機のCSID
PagesSent 送信枚数(送信成功したページ数です)
Status 送信のステータス(成功時は"0"、失敗時にはエラーコードとなります)
Duration 送信時間(単位:秒)
Subject 送信時の件名
PagesSubmitted 送信原稿のページ数
SenderCSID 送信元のCSID(アカウント管理Webのプロパティで設定できます)
Priority (* システム内部使用のみ*)
Units 送信料金計算上の送信ページ数(1ページあたりの送信時間が60秒を超えた場合は6秒あたり0.1が加算されます)
CostPerUnit ページ単価 (単位:円 税別)
PageSize 用紙サイズ
PageOrientation 用紙方向
PageResolution 解像度(Fine:ファイン Standard:標準)
RenderingQuality 品質(Fine:ハーフトーン Standard:白黒)
PageHeader FAXヘッダ設定情報(アカウント管理Webのプロパティで設定できます)
RetriesToPerform リトライ回数(設定値)
TrialsPerformed リトライ回数(結果)
RetriesInterval リトライ間隔(単位:分)
UserData (* システム内部使用のみ*)
DeleteAfterUsage 送信後のFAXイメージ削除
NumOfTransactions リスト送信などのブロードキャスト送信時の件数(親トランザクションに表示 通常送信は「1」)
MessageID 送信メールのメッセージID
TotalCost この送信に対する送信料金(単位:円 税別)

注意事項

1)

送信履歴画面にて、履歴情報を「(削除)」をクリックして表示を削除した場合や、「(再送信)」をクリックして再送信した際に「再送後、元のFAX履歴を削除」している場合は、「送信履歴の検索」で検索対象となりません。また、エクスポートしたCSV等のデータでも削除されたデータは取得できません。
ユーザIDをお忘れの方
InterFAX公式サイト
会員規約

お問い合わせ

株式会社 ドゥイット
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-4-6
フォーシーズンビル アネックス 5F

TEL
03-5367-3777
FAX
03-4477-2288
E-mail
info@interfax.jp

弊社営業時間
月曜日〜金曜日 9:30〜18:00
(休業日: 土日祝日および弊社休日)

ドゥイットTop
株式会社 ドゥイット