InterFAX ユーザーズページ

InterFAX送信サービス ユーザーズガイド

04

FAX送信原稿の作成ポイント

このページでは、InterFAX送信サービスをご利用いただく際、送信FAXの原稿作成のポイント(読みやすい原稿、送信時間の短縮などのヒント)をご紹介いたします。

FAX原稿作成

FAXの書類は白黒です。そのため、フォントや網掛け設定、写真データ等の送信により、FAX受信者様へ届いた書類が読みづらくなってしまったり、黒い部分が多いため送信に時間がかかり受信者様のFAXも専有してしまうなど送信者側の意図としないFAXとなる可能性があります。

FAXの特性からFAX原稿の作成ポイントをご紹介いたしますので、作成する際にご参考にしてください。

フォントの種類およびサイズ
字体が細い「明朝体」などは、一部文字が切れたり、薄くなったりしてFAX受信側の書類が鮮明でなくなる可能性があります。またフォントサイズが9ポイント以下で設定されている場合は、文字が黒く潰れるなどで読みづらくなる場合があります。
「ゴシック」などのフォントやフォントサイズを10ポイント以上をご利用またはInterFAXサービスの設定を「ファイン」モードで送信することをお勧めいたします。

網掛けや背景色
「網掛け」を指定した場合、FAXの特性上、白黒の背景と重なり文字が読みづらくなります。
また、Excelの表作成などで1行ごとに「網掛け」や「背景色」等を利用した場合、文字が読みづらいこととあわせ、網掛けにより黒い部分が多くなり送信時間も長くなります。
できるだけシンプルな原稿作成を推奨いたします。

写真・ロゴマーク
写真やロゴマーク等のデータを送信いたしますと、黒い部分が多くなり一般のFAX送信と同様、かなりの時間がかかることになります。また、受信機側のメモリ使用量も多くなり、エラー率が高まります。
プリンタと比べ、FAXでは解像度が低くなります。写真をコピーした場合も同様で、全体的に黒っぽくなり画像が鮮明になりません。従いまして、写真のFAX送信では鮮明でないこととあわせ送信時間もかかりますので、写真データ等の送信は、FAX送信にはあまり向きません。どうしても、写真をFAX送信される必要のある場合、写真を極力小さくしたり、明るくしたりすることをお勧めします。ロゴも同様で小さくしたり、ベタ部分を白抜きにされるなどの対応をお勧めしております。
また、InterFAX送信サービスのFAXモード初期設定では、品質は「ハーフトーン」となっていますので、「ハーフトーン」で写真データを送信する場合は「白黒」より時間がかかります。品質は低下いたしますが、送信時間を短縮する場合は、「白黒」の設定で送信してください。エラー率も軽減されます。
尚、スマートフォンで撮影した写真データをFAX送信する場合は、次のアプリを利用することでイメージが黒くならず、FAXの送付先様でも読みやすいFAXを受信することが可能になります。
※ スマートフォンのカメラで撮影したものを白黒に変換し、そのままメール送信する機能がありますので、InterFAX経由でFAX送信することが可能です。
ご参考: Document Scanner(有償アプリ)

余白
原稿の余白については、イメージ通りのFAXが送信されるよう上下左右のマージンを15〜20mm程度の余裕を持って作成することをお勧めいたします。

FAX原稿が作成できましたら、イメージ通りのページ数、原稿で出力されるよう、お手持ちのFAXへ事前にテスト送信をし、ご確認をいただくことをお勧めいたします。
ユーザIDをお忘れの方
InterFAX公式サイト
会員規約

お問い合わせ

株式会社 ドゥイット
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-4-6
フォーシーズンビル アネックス 5F

TEL
03-5367-3777
FAX
03-4477-2288
E-mail
info@interfax.jp

弊社営業時間
月曜日〜金曜日 9:30〜18:00
(休業日: 土日祝日および弊社休日)

ドゥイットTop
株式会社 ドゥイット