システム開発(InterFAX Webサービス)

FAX受信サービス サービスリファレンス

GetImageChunk

概要

受信FAXのイメージを取得するメソッドです。GetListで取得した情報(MessageIDおよびMessageSize)が必要です。

記述形式

下記ページより、テストおよび記述形式を確認できます。
http://ws.interfax.net/inbound.asmx?op=GetImageChunk

入力

パラメータ データ型 内容
Username String ご登録のユーザID
Password String ご登録のパスワード
MessageID Integer ダウンロードする受信FAXのMessageID
MarkAsRead Boolean True - 「既読」とする
False - 既読としない(ステータスを変更しない)
ChunkSize Long ダウンロードするバッファサイズ
指定可能な最大値は、システムの制限をご参照ください。
※ ChunkiSizeには大きめの値(500KBや1MB等)をご指定ください。

本ページ末の「イメージの取得について」をご参照ください。
From Long バッファに書き込むイメージの開始ポイント

出力

パラメータ データ型 内容
GeImageChunkResult Integer 要求が成功した場合は、"0"が戻ります。
失敗時には、負の数値が戻ります。戻り値の詳細は、Webサービス戻り値をご参照ください。
Image base64Binary 部分イメージのバイト配列。
指定したパラメータ(FromおよびChunkSize)に依存します。
FAXイメージは、アカウント管理Webの[プロパティ] -> [FAX受信]ページの「受信FAXファイル形式」で選択されているファイル形式での取得となります。
イメージの取得について: 入力のChunkSizeには大きめの値をご指定いただき、出力のImageの受信サイズが"0"になるまで、取得を繰り返すことで、確実にイメージファイルの取得が可能となります。