システム開発(InterFAX Webサービス)

FAX送受信サービス サービスリファレンス

InterFAX ステータス/エラーコード(FAX結果)

 分類  説明
 処理中  システムでFAX送信リクエストを受領し、送信準備、送信中またはリトライ中です。
 このステータスは一時的であり、FAX送信処理完了後に最終ステータスが確定されます。
 送信成功  FAX送信が成功。最終ステータスです。
 送信エラー  FAX送信が失敗。リトライ設定されている場合も、全てのリトライが終了後の
 最終ステータスです。再送信等のご対応をお願いいたします。

値欄にがあるコードの発生率は、全体の約99%を占めます。他のエラーコードの発生率は、1%以下です。

状況 詳細
-1
-11
前処理中 (Pre-processing) システムは、要求を正常に受付、FAX送信準備中です。
-2 準備完了 (ready) 送信準備完了し、送信履歴への移行待ちです。
-3 送信中、
もしくは再送信待機中 (Sending)
送信中もしくは、再送待ちです。
-22  与信限度額を超えました。
送信保留中で、限度額の増額待ちです
与信限度額に達したため、送信保留中です。24時間以内に与信限度額の増額を申請してください。増額後は、保留トランザクションは自動的にリリースされます。
与信限度額についての詳細は、ユーザーズガイドの「アカウント設定およびアカウント管理 (与信限度額について)」をご参照ください。

全ての
負数 
送信処理中 システムでFAX送信リクエストを受領し、送信準備、送信中またはリトライ中です。このステータスは一時的であり、FAX送信処理完了後に最終ステータスが確定されます。

0
送信成功 (OK) 正常に送信が成功しました。
受信側FAX機から、全てのページの受信が完了した旨の信号を受信しました。
1 通信エラー(タイムアウト) 相手側FAX機から、改ページもしくはページ受信完了信号を一定時間受信できずに回線断。 
256 その他のエラー 通信エラー。相手先FAX機または回線が異常である可能性。
263 話中 受信回線使用中。
403 キャンセル 意図的に送信処理をキャンセル。
3072 通信エラー * を参照して下さい。
3080 通信エラー * を参照して下さい。
3211 FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
3220 FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
3223 予期しない接続断のコマンドを受信  

3224
受信側FAX機から応答なし  
3225 FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
3230 ネゴシエーション中の回線断信号受信  
3231 FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
3233 FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。

3264
FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
3267 FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
3268 送信エラー(改ページ後)  
3269 FAX機非互換 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
3300 通信エラー * を参照下さい。
3510 通信エラー * を参照下さい。
3830 通信エラー * を参照下さい。
3912 不正なFAX番号/回線異常 音声信号が検出できない、または無応答。
(例: 話中、呼出音または、音声信号が検出されない。)
3931 話中 受信側回線が使用中。
3932 不正なFAX番号/回線異常 受信回線が故障もしくは、断線しています。
3933 話中 不正な番号もしくは、電話回線エラー。
3935 無応答 紙切れまたはメモリ不足の可能性。
3936 人による応答  
3937 Ring busy 呼び出し音検出後に話中。
3938 不正なFAX番号/回線異常  

6001
不正なFAX番号/回線異常 呼び出し音なし。番号違い/音声応答の可能性。
電話番号は、使用されていない可能性がありますので、FAX番号の再確認を推奨します。また、そのFAX番号へ電話を掛けることで、FAX機が応答するかをご確認いただくことも有効な対応です。
6002 送信不可の設定 弊社までお問い合せください。
6003 通信エラー * を参照下さい。
6004 通信エラー * を参照下さい。
6016 通信エラー * を参照下さい。

6017
話中 受信回線使用中。
6018 無応答 紙切れまたはメモリ不足の可能性。
6019 通信エラー * を参照下さい。
6021 着信拒否  
6022 不正なFAX番号/回線異常 番号変更の可能性。
6027 不正なFAX番号/回線異常 無効な電話番号フォーマットの可能性。

6028
不正なFAX番号/回線異常 現在使用されていない電話番号
6029 着信拒否  
6031 通信エラー * を参照下さい。
6034 通信エラー * を参照下さい。
6038 通信エラー * を参照下さい。

6041
通信エラー * を参照下さい。
6042 通信エラー * を参照下さい。
6043 通信エラー * を参照下さい。
6044 通信エラー * を参照下さい。
6047 通信エラー * を参照下さい。
6050 通信エラー * を参照下さい。
6054 通信エラー * を参照下さい。
6057 通信エラー * を参照下さい。
6058 通信エラー * を参照下さい。
6063 通信エラー * を参照下さい。
6065 通信エラー * を参照下さい。
6069 通信エラー * を参照下さい。
6079 通信エラー * を参照下さい。
6088 端末属性不一致 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
6095 端末属性不一致 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
6097 端末属性不一致 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。
6099 端末属性不一致 「通信情報交換時のエラー」 ** を参照ください。

6100
端末属性不一致 話中/応答までの時間が長い/FAXトーン以外の応答等の可能性
6102 通信エラー * を参照下さい。
6111 通信エラー * を参照下さい。
6127 通信エラー * を参照下さい。
7004 通信エラー * を参照下さい。
7012 通信エラー * を参照下さい。
7013 通信エラー * を参照下さい。

8010
通信エラー FAX受信前に受信側FAX機で回線断の可能性。

8021
無応答 45秒間の呼び出し後、相手が無応答のためタイムアウト。
送信先が応答していないため、番号確認または暫く時間をおいてからの再送信を推奨します。また、そのFAX番号へ電話を掛けることで、FAX機が応答するかをご確認いただくことも有効な対応です。
8025 話中 受信回線が使用中

204000
解析エラー FAXイメージを作成できませんでした。
詳細は、ユーザーズガイドをご参照ください。
204001 解析エラー FAXイメージを作成できませんでした。
詳細は、ユーザーズガイドをご参照ください。

205000
与信限度額を超えました。 与信限度額に到達後24時間経過したため、保留のトランザクションはエラーとなりました。与信限度額の増額後に、お客様ご自身で再送が必要です。
与信限度額についての詳細は、ユーザーズガイドの「アカウント設定およびアカウント管理 (与信限度額について)」をご参照ください。
205001 システムエラー 予期しない事態が発生。弊社サポートに連絡下さい。
206001 システムエラー 予期しない事態が発生。弊社サポートに連絡下さい。
207000 その他のエラー 誤ったパスワード操作等により、アカウントがロックされた状態で、送信サービスのリスト機能を利用した送信をおこなった際に発生するエラーです。
ロック中は、アカウント管理Webに登録されているリストの情報も利用できないためです。また、ロックの状況(タイミング)により通知メールも送信されませんので、ロック解除後にエラー状況をご確認いただき、メールファイル等に問題がない場合は、改めてメールの再送信をおこなってください。

*

「通信エラー」はさまざまな意味合いと原因があり、大半は、接続時の状態に起因します。「通信エラー」は、FAX送信自体が必ずしも成功しなかったとは限りません。接続中にFAX送信は終了している場合もありますが、最終的に送信先FAX機より受信完了信号を受領できないことでエラーとなり、このコードが返される場合もあります。

InterFAXは、FAX送信の状況を記録し、「通信エラー」が発生した際、別サーバ、別電話回線により、FAXの再送信を自動で試みます。

**

「FAX機非互換」は、InterFAXからの呼び出しに、受信側FAX機が応答したが、InterFAXと受信側FAX機のコミュニケーションが成功しなかったことを意味します。数ページもしくは、ページの一部のみ受信側FAX機で受信される場合があります。通知メールや送信履歴でエラー情報やページ数をご確認下さい。

【エラーコードについて】

「エラーコード」には、多種の意味合いと原因があります。またそのエラーコードは数千種類あり、FAX送信サーバがその時の状況により判断します。(本ページでは比較的発生率の高いエラーコードを記載しています。)同じ原因であっても、エラー発生時のタイミングや信号の種類によって異なるコードが発せられる場合があります。
尚、状況によりFAX番号へ直接電話を掛け、そのFAX機が応答するかをエラーコードと併せてご確認いただくこともエラーへの対応として有効です。