2003年12月19日

News Release

インターネットFAXサービス

「InterFAX」送受信サービスに暗号化機能追加のご案内

−いつでも、どこでも、メール環境のみでFAXの送受信ができる−

株式会社ドゥイットは、2003年12月19日より、メールでFAX受信ができるInterFAX(インターファックス)サービスに暗号化送受信および電子署名機能の提供を開始いたします。ドゥイットでは、既にE-Mailで本文や添付ファイルを送信することで相手側にはその内容がFAXで届くサービスInterFAX送信サービスを2002年11月に開始し、さらに2003年7月よりFAXをメールで受信できるInterFAX受信サービスを、企業を中心として既に多くのユーザへサービスを提供中です。
今回の暗号化機能追加により、セキュリティを重視する企業や官公庁ユーザ様へ利便性とコスト削減を目的とするFAXソリューションをトータルで提供することが可能となりました。


(InterFAX送信サービスの仕組み)

(InterFAX受信サービスの仕組み)

InterFAXサービス暗号化機能の概要

1)

S/MIMEに準拠。S/MIME対応のメールソフトをご利用いただけます。
弊社で動作確認済みソフト: Winbiff+S/Goma、Outlook、Outlook Express、Netscape、Becky! + S/MIME Plug-in

2)

暗号化および電子署名機能のご利用にはデジタルID(証明書)の取得が必要です。

3)

送信サービスでは、暗号化・電子署名機能の利用、非利用をメール送信毎に選択できます。
ユーザ様から送信するメールの本文および添付ファイルを暗号化するので、インターネット上に流れるデータの安全性を保ち、個人情報等機密情報も安心して送信いただけます。また、電子署名を付けることでInterFAXサーバに届くメールが間違いなく登録ユーザからの送信か、またメール内容の改ざん有無をチェックして不正使用を防ぎます。

4)

受信サービスでは、暗号化・電子署名機能の利用、非利用を転送先メールアドレス毎に選択できます。
受信したFAXをInterFAXサーバがTIFFイメージファイルでユーザ様へ送信する際に暗号化するので、インターネット上を流れるFAXデータの安全性を保ちます。また、電子署名の付加により、ユーザ様が確かにInterFAXサービスからのメールをかを判断することができます。

5)

暗号、電子署名機能の利用には追加料金は必要ありません。

InterFAXサービス暗号化機能の提供開始日
2003年12月19日より開始